会社情報

会社沿革
(本社)
 
2001年10月 日本IBMとCMO(Chimei Optoelectronics)が合弁会社として、インターナショナルディスプレイテクノロジー株式会社を設立
大型カラーTFT液晶ディスプレイの開発、製造、販売の業務を本格化する
2006年10月 商号をインターナショナルディスプレイテクノロジー株式会社から日本CMO株式会社に変更
2011年4月 本社を東京都中央区から神奈川県川崎市に移転
2014年11月 商号を日本CMO株式会社からイノラックスオプトエレクトロニクスジャパン株式会社に変更
2017年12月 商号をイノラックスオプトエレクトロニクスジャパン株式会社からイノラックスジャパン株式会社に変更
イノラックステクノロジージャパン株式会社と統合し、神戸事業所開設

(神戸事業所)
 
1987年 9月 星電器製造株式会社 (現 : ホシデン株式会社) が大阪府八尾市にて研究開発してきたTFT液晶ディスプレイの事業化の為、神戸R&Dセンターを神戸市西区に設立、TFT液晶ディスプレイの研究開発及び製造業務を開始
1997年 4月 ホシデン株式会社とPhilips社(オランダ)との合弁会社ホシデン・フィリップス・ディスプレイ株式会社を設立
2000年11月 商号をフィリップスモバイルディスプレイシステムズ神戸株式会社に変更
2006年 6月 フィリップスモバイルディスプレイシステムズ社とToppoly社(台湾)の合併によるTPO社(台湾)発足にともない、 
商号をTPO ディスプレイズジャパン株式会社に変更
2010年 3月 TPO社・CMO社(台湾)・Innolux社(台湾)の合併によりChimei Innolux社(台湾)発足
2012年 3月 事業所を西神南センタービルに移転
2012年12月 Chimei Innolux社がInnolux社に改称
2014年10月 商号をTPOディスプレイズジャパン株式会社からイノラックステクノロジージャパン株式会社に変更
2017年12月 イノラックスジャパン株式会社と統合し、同社の神戸事業所として事業開始